日本のダム 素波里ダム



素波里ダムは、秋田県山本郡藤里町に位置する多目的ダムで、米代川水系粕毛川に建設されました。高さ72メートル、堤頂長142メートルの重力式コンクリートダムで、総貯水容量は42,500,000立方メートル、有効貯水容量は39,500,000立方メートルです。1967年に着工し、1970年に竣工しました。

目的と機能
洪水調節、灌漑用水の提供、発電が素波里ダムの主な目的です。ダムによって形成された素波里湖(すばりこ)は、地域の農業や水供給に重要な役割を果たしています。

開発背景
素波里ダムは、能代地区総合開拓パイロット事業の一環として計画されました。このプロジェクトは、水田造成と農業発展を目的としており、地域住民の長年の夢を実現するために立ち上げられました。しかし、米過剰の傾向により事業の遅延が見られました。

環境と共生
素波里ダムの建設は、地域の自然環境との調和を図りながら行われました。素波里湖は美しい自然景観を提供し、地域の新たな観光資源となっています。

まとめ
素波里ダムは、洪水調節、農業支援、発電のための重要なインフラとして、秋田県藤里町の発展に貢献しています。多目的に利用されるこのダムは、地域の水資源管理において中心的な役割を担い、将来にわたってその価値を維持し続けることが期待されています。

>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】


日本のダム 鹿倉ダム

砂子沢ダムは秋田県鹿角郡小坂町に位置する多目的ダムで、米代川水系の砂子沢川に建設されました。この重力式コンクリートダムは、高さ78.5メートル、堤頂長185メートルを有し、1985年に着工され、2010年に完成しました。ダムの総貯水容量は8,650,000立方メートル、有効貯水容量は7,630,000立方メートルです。

目的と機能
砂子沢ダムの主な目的は洪水調節、流水の正常な機能の維持、および水道用水の供給です。小坂町および鹿角市の水害防止と耕地への安定した水供給がこのダムによって大きく改善されました。また、地域の水道用水としての需要にも応えています。

背景と影響
小坂町を中心とした地域は、過去に度重なる洪水被害に見舞われており、砂子沢ダムの建設は、これらの被害を防ぐための抜本的な治水対策として期待されました。夏季の水不足が問題となっていた地域にとって、ダムは重要な水源となり、特に農業用水の供給面での効果が顕著です。

環境と共生
砂子沢ダムの建設は、地元の自然環境との共生を重視しながら行われました。ダムによって形成された夢砂湖(ゆめすなこ)は、地域の新たな景観となり、自然と調和した環境保全型のインフラとしての役割も担っています。

まとめ
砂子沢ダムは、秋田県の小坂町および鹿角市にとって不可欠な水資源管理の要となっています。洪水調節から水道用水の供給まで、多目的にわたるその機能は地域社会の基盤を支え、持続可能な水利用の実現に貢献しています。

>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】


日本のダム 鹿倉ダム



鹿倉ダムは秋田県鹿角郡小坂町に位置し、米代川水系荒川に建設された重力式コンクリートダムです。1950年に着工され、1957年に完成したこのダムは、高さ20メートル、堤頂長70メートルを測ります。総貯水容量857,000立方メートル、有効貯水容量850,000立方メートルと、主に洪水調節の目的で建設されました。

防災機能と地域貢献
鹿倉ダムの建設は、鹿角郡北部の水害に対応するための重要な措置でした。特に昭和10年の大洪水後、地域の安全を守るために必要性が高まりました。ダムはその後、地域の農業用水供給にも貢献し、複数の大洪水を通じてその効果を証明しています。

建設背景と課題
鹿倉ダムの建設は、小坂鉱山の煙害による地域の環境問題を背景に進められました。建設資金の一部は、当時の地元経済を支えた小坂鉱山からの寄付によって賄われました。しかし、ダム建設に関連する不正工事の疑惑が浮上し、社会的な論争の原因となりました。

現状と今後
現在、鹿倉ダムは老朽化により一般の立ち入りが禁止されています。しかし、洪水調節と地域の水資源管理におけるその役割は依然として重要です。今後、ダムの維持管理や再評価が地域社会における課題として考えられます。

まとめ
鹿倉ダムは、洪水調節と地域の農業支援を目的として建設され、多くの挑戦と変遷を経験しました。その歴史と機能は、地域社会において重要な役割を続けており、将来的にその価値を再評価し、維持することが期待されています。

>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】


日本のダム 大内ダム



大内ダムは福島県南会津郡下郷町に位置する、阿賀野川水系小野川の最上流部に建設されたダムです。この中央土質遮水壁型ロックフィルダムは、高さ102メートル、堤頂長340メートルを誇り、総貯水容量18.5百万立方メートル、有効貯水容量16百万立方メートルの大規模な水力発電用ダムです。1974年に着工され、1991年に完成しました。

発電施設
大内ダムは下郷発電所の上部調整池として機能し、純揚水式発電によって最大1,000,000キロワットの電力を生産します。下部調整池としての大川ダムと連携し、エネルギー効率の高い発電を行っています。この施設は電源開発株式会社によって管理されています。

建設背景
大内ダムの建設は、オイルショック後のエネルギー供給の安定化という大きな背景の下で進められました。水力発電の価値が再認識されたことで、揚水発電が注目を集め、大内ダムはその重要な役割を担うことになりました。

地域との共生
大内ダムは、福島県の美しい自然環境の中に位置しています。ダムの下流には歴史ある街道宿場町である大内宿があり、多くの観光客が訪れます。大内ダムからは大内宿が一望でき、観光地としても人気があります。ダム湖周辺には遊歩道が整備されており、訪問者は自然の美しさを満喫しながら散策ができます。

まとめ
大内ダムは、その雄大な構造と機能性で、地域のエネルギー供給を支える重要なインフラであり、同時に地域の歴史と自然環境を享受する観光地としての価値も持ち合わせています。

>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】


日本のダム 旭川治水ダム



旭川治水ダムは、秋田県秋田市に位置する重力式コンクリートダムで、雄物川水系旭川に建設されています。ダムの主な目的は、秋田市とその周辺地域の洪水調節と不特定利水のためです。高さ51.5メートル、堤頂長380メートルのこのダムは、1972年に完成しました。ダムによって形成された仁別湖は、洪水時に貯水するための重要な役割を果たしています。

建設の背景と目的
旭川治水ダムの建設は、秋田市を度重なる洪水被害から守るために始まりました。秋田市は古くから「暴れ川」として知られる旭川による洪水被害に悩まされてきました。ダムの建設は、旭川上流部の乱伐による保水力の低下と、それに伴う土石流のリスクを軽減するためにも必要でした。また、農業用水の確保や水質汚濁の改善という目的もありました。

環境への配慮と成果
旭川治水ダムの建設プロジェクトでは、環境保護に特に配慮されました。建設中に発生する廃水は再処理され、ダム建設に必要な骨材の洗浄に再利用されるというリサイクルシステムが取り入れられました。これは、当時としては革新的な取り組みであり、現在の廃水リサイクルの先駆けとなりました。ダムの運用開始以降、秋田市における洪水のリスクは大幅に減少しました。

仁別湖とその役割
ダムによって形成された仁別湖は、治水ダムの特性上、通常時は水位が低く保たれています。しかし、豪雨時には洪水を貯水するための重要な役割を果たします。2007年の環境省の水質調査では、仁別湖は全国の湖沼の中で4番目に良好な水質と評価されました。

まとめ
旭川治水ダムは、秋田市の洪水防止と水質改善のための重要な施設です。環境保護の観点からの革新的な取り組みや、効果的な洪水調節機能により、地域社会にとって不可欠な役割を果たしています。仁別湖は自然災害時の貯水機能のみならず、その優れた水質によっても価値を持っています。

>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】