日本のダム 萩形ダム

萩形ダムは秋田県北秋田郡上小阿仁村にある重力式コンクリートダムで、1961年に着工し、1966年に竣工しました。このダムは米代川水系小阿仁川に位置し、高さ61メートル、堤頂長173メートルです。総貯水容量は約14.95百万立方メートル、有効貯水容量は約11.65百万立方メートルに達します。主な目的は洪水調節と発電です。 歴史と背景 萩形ダムの建設は国土総合開発法に基づく地域開発計…

続きを読む

日本のダム 成瀬ダム

成瀬ダムは、秋田県雄勝郡東成瀬村の成瀬川に建設中の多目的ダムです。このCSG(セメントで固めた砂礫)ダムは、堤高114.5メートルで、総貯水容量7,850万立方メートルを持ちます。洪水被害対策、流域の水不足解消、および水力発電を目的として1983年に着工されました。 目的と機能 成瀬ダムの建設は、過去に成瀬川で発生した洪水被害への対応と、流域の農業用水や生活用水の供給不足を解決するために…

続きを読む

日本のダム 鳥海ダム

鳥海ダムは秋田県由利本荘市にある子吉川に建設中の台形CSGダムです。高さ81メートル、堤頂長365メートルのこのダムは、総貯水容量約46.8百万立方メートル、有効貯水容量約39百万立方メートルを持ち、1993年に着工されました。ダムの目的は洪水調節、不特定利水、上水道供給、および発電です。 背景と目的 子吉川は歴史的に洪水被害が多く、河床勾配が急で雨水が一気に流れ出るため、頻繁に…

続きを読む