日本のダム 一の沢ダム

一の沢ダム:北海道の自然と調和する水の守護者

北海道札幌市南区定山渓に位置する一の沢ダムは、石狩川水系豊平川に建設された重力式コンクリートダムです。1924年に着手され、1926年に竣工したこのダムは、北海道の水資源管理に不可欠な役割を果たしています。

自然との調和
一の沢ダムの最大の魅力は、その周囲の自然環境との見事な調和にあります。ダムによって形成された「舞鶴の瀞」と呼ばれるダム湖は、特に秋の季節には周囲の木々が鮮やかに色づき、その美しさは訪れる人々を魅了します。水面に映る紅葉の景色は、まるで絵画のような風景を作り出しています。

技術的特徴
一の沢ダムは、堤高20.3メートル、堤頂長83.9メートル、堤体積13千立方メートルという規模を持ちます。このダムは、その構造と機能性において、北海道のダム建設技術の進歩を示す重要な例です。また、流域面積452.8平方キロメートル、湛水面積2ヘクタールの範囲をカバーし、地域の水需要に応えています。

地域への影響
一の沢ダムは、北海道電力株式会社によって運営され、地域の電力供給と水資源管理に寄与しています。また、ダム周辺は自然観光のスポットとしても人気があり、地域経済にも貢献しています。


まとめ
一の沢ダムは、その技術的な側面と自然環境との調和が見事に融合した、北海道の貴重な資産です。
このダムは、自然と共生しながら地域社会に必要な資源を提供する、素晴らしい例と言えるでしょう。


>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】