日本のダム 川辺川ダム



日本のダム: 川辺川ダム

川辺川ダムは、熊本県の美しい球磨郡相良村に位置する未完成のダムで、日本のダム事業の中でも特に長期化しているプロジェクトとして知られています。

このダムは、一級河川である球磨川水系の川辺川に建設予定で、計画から半世紀以上が経過していますが、未だ完成を迎えていません。


主要な特徴:

所在地: 熊本県球磨郡相良村
ダム型式: 重力式コンクリートダム、流水型ダム(洪水調節専用)
堤高: 107.5 m
堤頂長: 約300 m
湛水面積: 3.91 km^2
総貯水容量: 約13,000万m^3
利用目的: 洪水調節


川辺川ダムの計画が長引いている背景には、さまざまな要因が考えられます。
しかし、2020年7月の熊本県を襲った大規模な豪雨は、このダムの計画に新たな動きをもたらしました。

この災害を受けて、2022年8月に新しい河川整備計画が策定され、流水型ダムとしての整備が進められることとなったのです。


このダムが完成すれば、地域の洪水リスクが大幅に低減されることが期待されます。
また、水資源の管理や地域の発展にも寄与することでしょう。

川辺川ダムは、未来の熊本県の安全と発展に向けた重要なステップとなることを強く感じさせるプロジェクトです。


今後の進展にも注目が集まる川辺川ダム。その完成を心待ちにしている地域住民や関係者の思いは、計り知れないものがあることでしょう。


>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】