日本のダム 豊沢ダム



豊沢ダム:岩手県花巻市のかんがい専用ダム
豊沢ダムは、岩手県花巻市南豊沢国有林地先、一級河川・北上川水系豊沢川に建設されたダムです。農林省(現・農林水産省)東北農政局が建設し、完成後岩手県に移管されたかんがい専用の重力式コンクリートダムです。現在の管理機関は岩手県農林水産部農村建設課で、管理所は県南広域振興局北上農村整備センター豊沢ダム管理所です。

ダムの諸元と目的
ダム型式: 重力式コンクリートダム
堤高: 59.1m
堤頂長: 150.0m
総貯水容量: 23,356,000m³
利用目的: かんがい
事業主体: 岩手県
施工業者: 鹿島建設
着手年/竣工年: 1949年/1961年
豊沢ダムは、豊沢川流域の農地を潤す役割を担っており、ダム湖は豊沢湖(とよさわこ)と呼ばれます。ダム完成時には花巻温泉郷県立自然公園に指定され、ダムに向かうまでの豊沢川流域には花巻温泉郷と呼ばれる温泉群があり、観光施設が揃っています。

まとめ
豊沢ダムは、岩手県花巻市の農業用水の安定供給に重要な役割を果たしています。豊沢湖は地域のレクリエーションスポットとして活用されており、周辺の花巻温泉郷と合わせて、地域の観光資源としても価値が高いです。

>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】


日本のダム 綱取ダム



綱取ダム:岩手県盛岡市の多目的ダム
綱取ダムは、岩手県盛岡市新庄字貝田に位置し、一級河川・北上川水系中津川に建設されたダムです。高さ59メートルの重力式コンクリートダムで、洪水調節、不特定利水、上水道を目的とする岩手県営の多目的ダムです。

ダムの諸元と目的
ダム型式: 重力式コンクリートダム
堤高: 59m
堤頂長: 247m
総貯水容量: 15,000,000m³
利用目的: 洪水調節、不特定利水、上水道
事業主体: 岩手県
施工業者: 間組
着手年/竣工年: 1972年/1982年
綱取ダムには国産第1号となるクロスフロー水車を搭載した水力発電設備が付設されており、有効落差28.75メートルを得て、最大200キロワットの電力を発生します。ダム管理設備の電源として利用され、余剰電力は東北電力に売却されています。

まとめ
綱取ダムは、岩手県盛岡市の洪水調節、不特定利水、上水道供給に重要な役割を果たしています。また、ダムに付設された水力発電設備は、地域の持続可能なエネルギー供給に貢献しており、綱取ダムは地域のインフラとして多方面にわたる貢献をしています。

>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】


日本のダム 田瀬ダム



田瀬ダム:岩手県花巻市の重力式コンクリートダム
田瀬ダムは、岩手県花巻市東和町田瀬に位置し、一級河川・北上川水系猿ヶ石川に建設されたダムです。国土交通省東北地方整備局が管理する高さ81.5メートルの重力式コンクリートダムで、北上川水系の治水および灌漑、水力発電を目的に北上川上流改修計画により立案された北上川五大ダム計画の一つとして建設されました。ダムによって形成された人造湖・田瀬湖(たせこ)は北上川水系最大規模の人造湖であり、地域のレクリエーションスポットとして活用されています。

ダムの諸元と目的
ダム型式: 重力式コンクリートダム
堤高: 81.5m
堤頂長: 320.0m
総貯水容量: 146,500,000m³
利用目的: 洪水調節、灌漑、発電
事業主体: 国土交通省東北地方整備局
発電所名: 東和発電所 (27,000kW)
施工業者: 西松建設
着手年/竣工年: 1941年/1954年

まとめ
田瀬ダムは、岩手県花巻市の洪水調節、灌漑、水力発電に重要な役割を果たしています。田瀬湖は北上川水系最大の人造湖であり、ダム湖百選の一つに選定されていることからも、その景観の美しさと地域への貢献度がうかがえます。また、ダムとその周辺はレクリエーションスポットとして地域住民や観光客に親しまれています。

>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】


日本のダム 鷹生ダム



鷹生ダム:岩手県大船渡市の多目的ダム
鷹生ダムは、岩手県大船渡市に位置し、二級河川盛川水系鷹生川に建設されたダムです。岩手県が管理する県営ダムで、高さ77.0メートルの重力式コンクリートダムです。洪水調節、不特定利水、上水道用水の確保を目的とする多目的ダムであり、ダムによって形成された人造湖は五葉湖(ごようこ)と呼ばれます。ダム貯水池の一部を含む一帯は五葉山県立自然公園となっています。

ダムの諸元と目的
ダム型式: 重力式コンクリートダム
堤高: 77.0m
堤頂長: 322.0m
総貯水容量: 9,680,000m³
利用目的: 洪水調節、不特定利水、上水道
事業主体: 岩手県
施工業者: 清水建設・熊谷組・佐賀組
着手年/竣工年: 1985年/2006年

まとめ
鷹生ダムは、岩手県大船渡市の洪水調節、不特定利水、上水道用水の確保に重要な役割を果たしています。五葉湖は地域のシンボルであり、多くの人に親しまれている自然豊かな場所です。また、周辺は県立自然公園に指定されており、五葉山や五葉温泉など、自然と触れ合えるスポットが豊富にあります。

>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】


日本のダム 滝沢ダム



滝沢ダム:埼玉県秩父市の多目的ダム
滝沢ダムは、埼玉県秩父市大滝字廿六木に位置し、一級河川・荒川水系中津川に建設されたダムです。独立行政法人水資源機構が施工を行った多目的ダムで、荒川の治水と東京都・埼玉県への利水を目的に利根川・荒川水系水資源開発基本計画に基づいて計画されました。高さ132メートルの重力式コンクリートダムで、荒川水系では埼玉県で最大の規模を誇ります。

ダムの諸元と目的
ダム型式: 重力式コンクリートダム
堤高: 132m
堤頂長: 424m
総貯水容量: 63,000,000m³
利用目的: 洪水調節、不特定利水、上水道、発電
事業主体: 水資源機構
発電所名: 滝沢発電所 (3,400kW)
施工業者: 鹿島建設・熊谷組・錢高組
着手年/竣工年: 1969年/2007年

ダム湖と環境
ダムによって形成された人造湖は、一般公募によって奥秩父もみじ湖(おくちちぶもみじこ)と命名されました。秩父多摩甲斐国立公園に含まれており、美しい自然景観を提供しています。

まとめ
滝沢ダムは、埼玉県秩父市の洪水調節、水資源の確保、上水道供給、および発電に重要な役割を果たしています。また、奥秩父もみじ湖は地域の観光地としても価値が高く、秩父地域の自然環境との調和を示す美しい景観を提供しています。

>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】