日本のダム 浦山ダム



浦山ダム:埼玉の自然と技術の調和

埼玉県秩父市に位置する浦山ダムは、荒川水系の浦山川に建設された重力式コンクリートダムです。このダムは、その壮大な構造と美しい自然環境で知られ、地域の重要なランドマークとなっています。

ダムの特徴
浦山ダムは、堤高156メートル、堤頂長372メートルの大規模な構造を持ち、総貯水容量は約5800万立方メートルに及びます。1972年に着工し、約26年の歳月を経て1998年に完成しました。このダムは、洪水調節、不特定利水、上水道供給、そして発電の目的で建設され、特に東京都と埼玉県への上水道供給において重要な役割を果たしています。

秩父さくら湖の魅力
ダムによって形成された秩父さくら湖は、春には湖畔に咲く桜が美しい景観を作り出します。この湖は自然愛好家や観光客にとって人気のスポットであり、ダム自体も一般に開放されています。秩父市街を一望できるダムの天端は、訪れる人々に特別な体験を提供します。

技術的な側面
浦山ダムの建設は、日本のダム技術の進化を示す重要な例です。当初は中央土質遮水壁型ロックフィルダムとして計画されていましたが、後に重力式コンクリートダムへと変更されました。この技術的な変更は、建設コストの削減と地質調査の結果に基づいて行われました。

まとめ
浦山ダムは、埼玉県秩父市の自然と技術の調和を象徴する存在です。洪水調節や上水道供給などの多目的な利用に加え、秩父さくら湖の美しい景観は、地域社会にとって価値ある資源です。

このダムとその周辺地域は、自然愛好家や観光客にとって魅力的な訪問地となっており、埼玉県の自然と文化の一部として重要な役割を果たしています。


>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】


日本のダム 沖浦ダム



沖浦ダム:青森の歴史を刻む多目的ダム

青森県黒石市に位置する沖浦ダムは、日本のダム建設史において特別な位置を占める重要なダムです。このダムは、岩木川水系の浅瀬石川に建設され、日本で最初に施工が開始された多目的ダムとして知られています。

革新的な建設とその役割
沖浦ダムの建設は1933年に始まり、1944年に完成しました。この重力式コンクリートダムは、堤高40メートル、堤頂長171メートルを誇り、総貯水容量は約358万立方メートルに及びます。当初の目的は洪水調節、不特定利水、そして発電でした。特に、この地域の水力発電における役割は非常に重要でした。

変遷と現在
沖浦ダムは、1988年に浅瀬石川ダムの完成に伴い、その役割を終えました。ダム湖は「虹の湖」として知られ、その美しい景観は今も多くの人々を魅了しています。このダムと湖は、青森県の自然と歴史の一部として、訪れる人々に感動を与え続けています。

技術的な遺産
沖浦ダムは、日本のダム技術の進化を示す貴重な遺産です。その建設は、後の多目的ダム建設に大きな影響を与え、日本の土木工学における重要なマイルストーンとなりました。

まとめ
沖浦ダムは、その歴史的な背景と美しい自然景観で、青森県の重要なランドマークとなっています。
このダムは、日本のダム建設技術の進歩を象徴するとともに、地域の自然と文化の調和を示す存在です。


>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】


日本のダム 旭ダム



旭ダム:福島の自然と共生する発電の要

福島県南会津郡下郷町に位置する旭ダムは、阿賀野川水系の阿賀川に建設された重力式コンクリートダムです。このダムは、1935年に昭和電工のために建設され、地域の電力供給に不可欠な役割を担っています。

自然との調和
旭ダムは、その周囲の豊かな自然環境に溶け込むように設計されています。堤高16.1メートル、堤頂長84メートルのこのダムは、湛水面積22ヘクタール、総貯水容量約1.4百万立方メートルを誇ります。自然景観との調和は、この地域の特徴的な美しさを際立たせています。

技術的特徴
旭ダムの最も注目すべき点は、その歴史的な建築構造です。トラス構造の四角錐を組み合わせたテンターゲートは、国内で最古のゲートの一つとされ、ダム技術の進化を示す貴重な例です。また、湯ノ上発電所への送水機能は、地域の電力供給に重要な役割を果たしています。

地域との連携
旭ダムは、ダムカードの配布や冬季のライトアップイベントを通じて、地域コミュニティとの関わりを深めています。特にライトアップイベントは、日本ダムアワード2018ライトアップ賞を受賞するなど、その取り組みが高く評価されています。

まとめ
旭ダムは、福島県の自然環境に調和しながら、地域の電力供給という重要な役割を果たしているダムです。
その歴史的な建築構造と地域コミュニティとの連携は、ダムが持つ多面的な価値を示しています。


>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】


日本のダム 一の沢ダム

一の沢ダム:北海道の自然と調和する水の守護者

北海道札幌市南区定山渓に位置する一の沢ダムは、石狩川水系豊平川に建設された重力式コンクリートダムです。1924年に着手され、1926年に竣工したこのダムは、北海道の水資源管理に不可欠な役割を果たしています。

自然との調和
一の沢ダムの最大の魅力は、その周囲の自然環境との見事な調和にあります。ダムによって形成された「舞鶴の瀞」と呼ばれるダム湖は、特に秋の季節には周囲の木々が鮮やかに色づき、その美しさは訪れる人々を魅了します。水面に映る紅葉の景色は、まるで絵画のような風景を作り出しています。

技術的特徴
一の沢ダムは、堤高20.3メートル、堤頂長83.9メートル、堤体積13千立方メートルという規模を持ちます。このダムは、その構造と機能性において、北海道のダム建設技術の進歩を示す重要な例です。また、流域面積452.8平方キロメートル、湛水面積2ヘクタールの範囲をカバーし、地域の水需要に応えています。

地域への影響
一の沢ダムは、北海道電力株式会社によって運営され、地域の電力供給と水資源管理に寄与しています。また、ダム周辺は自然観光のスポットとしても人気があり、地域経済にも貢献しています。


まとめ
一の沢ダムは、その技術的な側面と自然環境との調和が見事に融合した、北海道の貴重な資産です。
このダムは、自然と共生しながら地域社会に必要な資源を提供する、素晴らしい例と言えるでしょう。


>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】


日本のダム 川辺川ダム



日本のダム: 川辺川ダム

川辺川ダムは、熊本県の美しい球磨郡相良村に位置する未完成のダムで、日本のダム事業の中でも特に長期化しているプロジェクトとして知られています。

このダムは、一級河川である球磨川水系の川辺川に建設予定で、計画から半世紀以上が経過していますが、未だ完成を迎えていません。


主要な特徴:

所在地: 熊本県球磨郡相良村
ダム型式: 重力式コンクリートダム、流水型ダム(洪水調節専用)
堤高: 107.5 m
堤頂長: 約300 m
湛水面積: 3.91 km^2
総貯水容量: 約13,000万m^3
利用目的: 洪水調節


川辺川ダムの計画が長引いている背景には、さまざまな要因が考えられます。
しかし、2020年7月の熊本県を襲った大規模な豪雨は、このダムの計画に新たな動きをもたらしました。

この災害を受けて、2022年8月に新しい河川整備計画が策定され、流水型ダムとしての整備が進められることとなったのです。


このダムが完成すれば、地域の洪水リスクが大幅に低減されることが期待されます。
また、水資源の管理や地域の発展にも寄与することでしょう。

川辺川ダムは、未来の熊本県の安全と発展に向けた重要なステップとなることを強く感じさせるプロジェクトです。


今後の進展にも注目が集まる川辺川ダム。その完成を心待ちにしている地域住民や関係者の思いは、計り知れないものがあることでしょう。


>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】