日本のダム 寒河江ダム

寒河江ダムは山形県西村山郡西川町に位置し、一級河川・最上川水系の寒河江川に建設されたダムです。このダムは中央土質遮水壁型のロックフィルダムで、高さは112メートル、堤頂長は510メートルです。総貯水容量は109,000,000立方メートル、有効貯水容量は98,000,000立方メートルに達します。1972年に着手し、1990年に竣工した寒河江ダムは、洪水調節、農業用水、上水道、および発電の目的で建設されました。

洪水調節と水資源管理
寒河江ダムは寒河江川の洪水調節を主な目的としており、計画高水流量2,000トン/秒を300トン/秒に低減することが可能です。これにより、山形市をはじめとする周辺地域の洪水リスクが大幅に軽減されています。また、既得農地への慣行水利権分の水の補給や新規の農地への灌漑、上水道用水の供給など、幅広い用途で地域の水需要に応えています。

発電と環境保全
寒河江ダムには本道寺発電所が併設されており、最大出力75,000キロワットの水力発電を行っています。また、ダムの下流にある水ヶ瀞ダムを利用した逆調整池式の発電所も存在し、発電効率の向上と下流の増水防止に貢献しています。さらに、フラッシュ放流を通じて河川環境の維持と生態系保全を図っています。

まとめ
寒河江ダムは山形県の最大級のダムとして、洪水防止、農業用水の供給、上水道供給、そして発電といった多岐にわたる目的で地域社会に貢献しています。その経済的および環境への影響は計り知れず、山形県内の重要なインフラとしての役割を果たしています。

>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】


日本のダム 蔵王ダム



蔵王ダムは山形県山形市東部、蔵王山系の深い山間部に位置する中空重力式コンクリートダムです。1966年に着工され、1970年に竣工したこのダムは、高さ66メートルで、堤頂長は273.8メートルです。総貯水容量は7,300,000立方メートル、有効貯水容量は5,200,000立方メートル。主な目的は洪水調節、農業用水の供給、および上水道用水の供給です。

役割と機能
蔵王ダムは、馬見ヶ崎川の洪水調節を目的として建設されました。これにより、山形市松原地点での計画高水流量1,200トン/秒を970トン/秒に削減しています。また、地域の既得農地への慣行水利権分の農業用水を補給し、山形市には日量30,000トンの上水道水を供給しています。

環境と地域社会への影響
蔵王ダムは地域の水管理インフラとして重要な役割を果たしており、山形市の東部にある蔵王山系からの水を効果的に利用しています。ダムの建設は地域社会にも多大な影響を与え、特に水供給面での安定が求められる地域の発展に寄与しています。ダム湖は蔵王湖と命名され、その美しい景観は観光地としても人気です。

まとめ
蔵王ダムは山形市の防災と水資源管理において重要なインフラであり、洪水調節、農業用水の供給、市民への上水道水供給という多面的な利用で地域社会に貢献しています。その存在は、自然環境の保護と地域経済の発展のバランスを示すものであり、これからもその価値が高く評価されることでしょう。

>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】


日本のダム 銀山川ダム



銀山川ダムは、山形県尾花沢市に位置する重力式コンクリートダムです。このダムは最上川水系の銀山川に建設され、高さ21.3メートル、堤頂長60メートルという規模を有しています。1963年に竣工された銀山川ダムは、洪水調節を主な目的とする治水ダムであり、山形県によって管理されています。

機能と目的
銀山川ダムの主な利用目的は洪水調節です。このダムは銀山川の洪水を制御し、下流地域の水害予防に貢献しています。ダムの存在は、周辺地域の安全を確保し、農業や住民の生活に安定をもたらしています。

地域との関連
銀山川ダムは、標高270メートルの地点に位置しており、ダム湖(人造湖)は6ヘクタールの面積を持ちます。周辺地域は山菜の宝庫であり、美しい景観を持つことから観光地としても人気があります。また、湖にはコイやフナ、イワナなど多様な淡水魚が生息しており、釣りのスポットとしても知られています。さらに、ダムのすぐ上流には名所である銀山温泉があり、観光客にとって魅力的な地域です。

まとめ
銀山川ダムは、洪水調節という重要な役割を果たすと同時に、その周辺の豊かな自然環境と連携して地域の魅力を高めています。治水ダムとしての機能に加え、地域の観光資源としても価値のある存在です。

>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】


日本のダム 管野ダム

管野ダムはかつて山形県長井市の置賜野川に存在した重力式コンクリートダムでした。1949年に着工し、1954年に竣工されたこのダムは、山形県が最初に建設した補助多目的ダムとして知られています。高さ44.5メートル、堤頂長は不明ですが、主に洪水調節、不特定利水、および発電のために利用されました。

機能と役割
管野ダムは置賜野川の洪水調節を目的として建設され、地元農地への灌漑支援としても機能しました。また、野川第一発電所に認可出力6,100キロワットの電力を供給し、地域のエネルギー需要に寄与していたことで重要な役割を果たしています。

水没とその影響
2010年、上流に建設された長井ダムの試験湛水が完了すると、管野ダムは完全に水没しました。これにより55年の歴史に幕を下ろしましたが、その存在は地域の水管理と発電における重要な貢献を残しました。ダムの水没は地域の記憶として今もなお語り継がれており、ダム建設とその影響についての重要な歴史的教訓を提供しています。

まとめ
管野ダムはその生涯を通じて、山形県長井市の洪水管理と水力発電に貢献しました。ダムの技術的な側面と歴史的な背景は、現代の水管理施策を考える上で貴重な事例となります。現在は存在しないものの、管野ダムの教訓は今後のダム政策に影響を与え続けるでしょう。

>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】


日本のダム 神室ダム



神室ダムは、山形県最上郡金山町に位置し、最上川水系金山川上流部に建設された重力式コンクリートダムです。このダムは1977年に着手され、1993年に竣工しました。高さは60.6メートル、堤頂長は257メートルで、総貯水容量は7,400,000立方メートル、有効貯水容量は5,800,000立方メートルです。ダムの主な利用目的は洪水調節、農地防災、不特定用水、河川維持用水、上水道用水の供給です。

洪水防止と水資源管理
神室ダムは、最上地方の豪雪地帯であるため、春の融雪や集中豪雨時に頻繁に発生する洪水を防ぐために建設されました。特に金山川流域での洪水被害を防ぎ、農地への浸水被害を最小限に抑えることがこのダムの重要な役割です。

地域への貢献
神室ダムは新庄市、真室川町、金山町の1市2町に上水道水を供給し、地域の生活用水源として重要な役割を担っています。また、不特定用水としての機能も有し、広い地域の農業用水として利用されています。消雪道路の水源としても使われ、冬期の道路保全に寄与しています。

まとめ
神室ダムは、洪水調節、農地防災、地域の上水道供給といった多面的な利用で山形県金山町及び周辺地域の安全と発展に大きく寄与しています。地域の自然災害への備えとして、また生活の質を向上させるインフラとして、その価値は計り知れません。

>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】