日本のダム 萩形ダム



萩形ダムは秋田県北秋田郡上小阿仁村にある重力式コンクリートダムで、1961年に着工し、1966年に竣工しました。このダムは米代川水系小阿仁川に位置し、高さ61メートル、堤頂長173メートルです。総貯水容量は約14.95百万立方メートル、有効貯水容量は約11.65百万立方メートルに達します。主な目的は洪水調節と発電です。

歴史と背景
萩形ダムの建設は国土総合開発法に基づく地域開発計画の一環として行われました。秋田県の阿仁・田沢地域の開発に重点を置き、特に電力開発が推進されました。ダムの建設は小阿仁川の洪水対策と地域の電力供給の改善を目的としていました。

萩形発電所
萩形ダムは発電を目的としており、1966年に運用を開始した杉沢発電所と、2014年に竣工した萩形発電所で構成されています。萩形発電所は小水力発電所で、ダムからの維持放流水を利用しています。

地域への影響
ダムの建設は地域の発展に寄与しましたが、一部では環境変化や社会構造の変化による問題も発生しました。特に萩形部落では、ダム建設による補償や移転に関する問題が生じました。

まとめ
萩形ダムは秋田県の水管理と発電に重要な役割を果たしています。その建設は地域の防災能力の向上と電力供給の安定化に貢献している一方で、地域社会における変化と課題ももたらしました。このダムは、技術的および社会的な影響の両面で、地域史において重要な位置を占めています。

>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】


日本のダム 成瀬ダム

成瀬ダムは、秋田県雄勝郡東成瀬村の成瀬川に建設中の多目的ダムです。このCSG(セメントで固めた砂礫)ダムは、堤高114.5メートルで、総貯水容量7,850万立方メートルを持ちます。洪水被害対策、流域の水不足解消、および水力発電を目的として1983年に着工されました。

目的と機能
成瀬ダムの建設は、過去に成瀬川で発生した洪水被害への対応と、流域の農業用水や生活用水の供給不足を解決するために計画されました。また、水力発電の機能もこのダムには付与されています。

歴史と進展
1973年に秋田県が予備調査を開始し、1991年には東北地方整備局による直轄施工が始まりました。しかし、環境破壊や過疎化による水利利用者の減少などの問題で反対運動が起こりました。さらに政治的な変動により一時中止されたが、2012年に建設が再開されました。

環境と安全性
成瀬ダムの上流にある栗駒山の火山活動リスクを考慮し、ハザードマップと避難計画が策定されています。これは、ダムとその周辺地域の安全性を確保するための重要なステップです。

まとめ
成瀬ダムは、洪水被害の軽減、水資源の確保、そして水力発電という重要な役割を果たすことを目的としています。過去の反対運動や政治的な変動による一時的な中断を経て、ダムの建設は再開され、地域の水管理と災害対策に寄与することが期待されています。

>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】


日本のダム 鳥海ダム



鳥海ダムは秋田県由利本荘市にある子吉川に建設中の台形CSGダムです。高さ81メートル、堤頂長365メートルのこのダムは、総貯水容量約46.8百万立方メートル、有効貯水容量約39百万立方メートルを持ち、1993年に着工されました。ダムの目的は洪水調節、不特定利水、上水道供給、および発電です。

背景と目的
子吉川は歴史的に洪水被害が多く、河床勾配が急で雨水が一気に流れ出るため、頻繁に洪水が発生していました。鳥海ダムは、これらの洪水被害を軽減し、地域の水管理を改善するために計画されました。

工事と進展
鳥海ダムの建設は、昭和46年の直轄事業としての改修作業開始後、子吉川水系工事実施基本計画の改訂を経て進められました。建設は1993年に始まり、現在も進行中です。ダム完成後は、洪水調節、水資源の確保、および地域の水需要への応答が期待されています。

現状と課題
鳥海ダムは現在も建設中であり、完成後の地域への影響は大きいと予想されています。洪水リスクの軽減と水資源の確保に大きく貢献することが期待されていますが、環境への影響や地域コミュニティとの調和も重要な課題となります。

まとめ
鳥海ダムは、秋田県由利本荘市の水管理と防災において重要な役割を果たすことになるダムプロジェクトです。洪水調節、不特定利水、上水道供給、発電を目的とし、地域社会と自然環境のバランスを考慮しながら、今後の進展が注目されています。

>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】


日本のダム 玉川ダム

玉川ダムは、秋田県仙北市にある国土交通省直轄の多目的ダムです。雄物川水系の玉川に建設されたこの重力式コンクリートダムは、高さ100メートル、堤頂長441.5メートルという規模を誇ります。総貯水容量は254,000,000立方メートル、有効貯水容量は229,000,000立方メートルです。1973年に着工し、1990年に完成しました。

目的と機能
玉川ダムは、洪水調節、不特定利水、かんがい、上水道、工業用水の供給、および発電を目的として建設されました。ダムによって形成された宝仙湖は、その美しさで知られ、ダム湖百選に選ばれています。ダムと湖は秋田県の水資源管理と自然環境の保全に貢献しています。

環境への影響と課題
玉川ダムは、玉川温泉からの酸性水の流入による水質問題に対処するためにも重要な役割を果たしています。酸性水中和処理施設と連携して行われる水質改善プロジェクトにより、玉川および周辺河川の生態系が保護されています。

社会・文化への影響
宝仙湖周辺は、その美しい自然環境を背景に新しい観光地として発展し、秋田県の観光業に新たな活力をもたらしています。また、ダムは地域の経済と社会発展に貢献し、地域住民の生活基盤を支えています。

まとめ
玉川ダムと宝仙湖は、秋田県の自然と社会にとって価値ある資源です。洪水調節、水資源の確保、環境保全、および観光振興の面で重要な役割を担っており、これらの貢献により地域の持続可能な発展を支えています。

>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】


日本のダム 滝川ダム



滝川ダムは福島県双葉郡富岡町に位置する重力式コンクリートダムで、富岡川の水源を管理しています。高さ74.3メートル、堤頂長213メートルのこのダムは、1985年に着工し、2010年に竣工しました。総貯水容量は5,945,000立方メートル、有効貯水容量は5,165,000立方メートルに及びます。

目的と機能
滝川ダムの主要な目的は灌漑用水の供給です。富岡町内の農業用地で恒常的に発生していた水不足を解消するために建設されました。また、洪水調節と地域の水資源管理にも寄与しています。

歴史と影響
ダムの建設は1983年に福島県による事業調査から始まり、1987年には農林水産省から県営灌漑排水事業として採択されました。2011年に竣工式が行われましたが、同年3月に発生した東日本大震災と福島第一原発事故の影響で、ダム周辺地域への立ち入りが制限され、正式な運用には至っていません。

現状と課題
東日本大震災後、多くの農地が放棄され、ダムの機能は完全には活用されていません。今後、地域の復興と共に、滝川ダムの役割と利用について再評価される必要があります。

まとめ
滝川ダムは、富岡町の灌漑用水供給と洪水防止のために重要な役割を持つインフラです。しかし、地域の歴史的な出来事により、その潜在的な能力は完全には活かされていません。将来的には、このダムが地域の水資源管理と農業発展にどのように貢献できるかが、重要な検討事項となります。

>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】