日本のダム 下北沢ダム



下北沢ダムは、福島県郡山市逢瀬町に位置し、阿武隈川水系の支流に建設された灌漑用ダムです。1935年に竣工したこのダムは、アースダム型式で、堤高は19.0メートル、堤頂長は66.0メートル、総貯水容量は454,000立方メートルです。主な利用目的は灌漑です。

ダムの特徴と利用
下北沢ダムは郡山市街地西端の丘陵地に位置し、ダム湖は北沢池と呼ばれています。このダム池は養鯉場として利用されており、ダム堤直下には養鯉施設の建物があります。また、本ダムの近くには新安積疏水・深田調整池があり、地域の農業や水管理に重要な役割を果たしています。

歴史と背景
下北沢ダムは1935年に完成し、郡山市によって管理されています。アースダム型式で建設されており、堤体積は45,000立方メートルです。主に灌漑用水の供給を目的としており、地域の農業発展に貢献しています。

下北沢ダムの魅力
下北沢ダムは、その歴史と地域の農業支援において重要な役割を果たしています。また、養鯉場としての利用も特徴的で、美しい景観とともに地域に親しまれています。ダム周辺の自然環境や施設は、観光やレクリエーションの場としても利用されています。

>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】


日本のダム 蓬萊ダム



蓬萊ダムは、福島県二本松市下川崎と福島市飯野町の境界に位置し、阿武隈川水系の阿武隈川に建設された重力式コンクリートダムです。1936年に着工し、1938年に竣工したこのダムは、東北電力によって管理され、発電を主な目的としています。堤高は21.5メートル、堤頂長は133.3メートル、総貯水容量は3,803,000立方メートルです。

歴史と建設経緯
1936年に設立された東北振興電力が、阿武隈川水系最大規模の水力発電所となる蓬萊発電所の建設を計画し、1936年に起工されました。蓬萊ダムは、福島県中通りを流れる阿武隈川が福島盆地にさしかかる手前の阿武隈峡に建設されました。工事中には洪水に見舞われることもありましたが、適切な対策により大きな被害を防ぎ、1938年に発電所の運転が開始されました。

発電とダムの役割
蓬萊ダムは東北電力の発電用ダムで、蓬萊発電所(38,500kW)および飯野発電所(230kW)に送水し、合計最大3万8,730キロワットの電力を発生します。2013年には、蓬萊ダムからの河川維持流量を利用して飯野発電所の建設が開始され、2014年に運転を開始しました。これは、河川維持流量を発電に利用する初の試みでした。

周辺地域と観光
蓬萊ダム周辺には桜の木が植えられており、春には花見客が多く訪れる名所となっています。また、ダム湖はカヌーレーシング公認コースとしても利用されています。ダム湖沿いには遊歩道が整備されており、観光地としても親しまれています。

蓬萊ダムの魅力
蓬萊ダムは、福島県の電力供給に重要な役割を果たしており、その歴史的価値とともに、観光地としても多くの人々に親しまれています。四季折々の自然景観を楽しむことができ、地域経済や観光振興にも貢献しています。

>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】


日本のダム 四時ダム



四時ダムの概要
四時ダムは、福島県いわき市に位置し、鮫川水系の四時川に建設されたロックフィルダムです。1970年に着工し、1984年に完成したこのダムは、洪水調節、上水道、工業用水の供給を目的としています。堤高は83.5メートル、堤頂長は300メートル、総貯水容量は12,100,000立方メートルです。ダム湖は「四時湖」と呼ばれています。

ダムの特徴と設備
四時ダムは、鮫川の治水といわき市南部地域への利水を目的とした特定多目的ダムです。鮫川本流の高柴ダムとともに、鮫川の治水に大きく寄与しています。ダムの管理は福島県鮫川水系ダム管理事務所が行っており、ダム湖周辺では「四時ダム祭り」が毎年開催されています。この祭りでは、ステージイベントやフリーマーケット、ボート体験などが行われ、一般市民にも親しまれています。

ダムの歴史と建設経緯
四時川下流部は過去に水害に悩まされていた地域であり、1964年と1966年には大きな水害が発生しました。いわき市の成立と新産業都市指定に伴い、工業用水と上水道の確保が急務となり、1968年に予備調査が開始されました。1970年に実施計画調査が始まり、1973年に事業採択、1978年に本体工事が着工され、1983年に完成しました。この工事により、国道289号の改良工事も行われ、四時トンネルが開通しました。

ダムの水利用と特色
四時ダムの管理所では、湖水をろ過した飲料水が「銘水四時ダム」として提供されています。この水は濁りが少なく、飲用に適していることが確認され、希望者に提供されています。管理所内の水道水は「おいしい水」として評判であり、市民からも人気があります。

四時ダムの魅力
四時ダムは、地域の治水と利水に大きく貢献しているだけでなく、四時湖の美しい景観や年間イベントである「四時ダム祭り」など、市民に親しまれるダムとなっています。また、飲用水としても評価が高く、「銘水四時ダム」として提供される水は、多くの人々に愛されています。

>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】


日本のダム こまちダム



こまちダムの概要
こまちダムは、福島県田村郡小野町に位置し、夏井川水系の黒森川に建設された重力式コンクリートダムです。1994年に着工し、2006年に完成したこのダムは、洪水調節、不特定利水、上水道の供給を目的としています。堤高は37メートル、堤頂長は150メートル、総貯水容量は772,000立方メートルです。

ダム湖とその利用
こまちダムのダム湖は「こまち湖」と呼ばれ、ビオトープや釣り桟橋が設けられています。こまち湖では水質保全の観点から餌釣りは禁止されており、ルアーやフライフィッシングのみが許可されています。この湖は小野町の上水道の水源としても利用されています。

ダムの特徴と設備
こまちダムはレヤ工法を用いて建設され、自由越流式の常用洪水吐が1門、非常用洪水吐が2門備えられています。また、天端は歩行者が通行可能です。ダム名の由来は、小野町に伝わる小野小町の生誕伝説にちなんでいます。

ダムの影響と関連事業
ダム建設に伴い、福島県道42号矢吹小野線の一部が水没するため、付け替え工事が行われました。また、ダムのPRのために「こまちダム賛歌」が制作され、イメージキャラクター「こまっちィ」も作成されました。

こまちダムの魅力
こまちダムは、自然環境の保護と利便性を兼ね備えた多目的ダムとして、地域の治水や水道供給に貢献しています。また、こまち湖の美しい景観と釣り場としての利用価値も高く、多くの人々に親しまれています。

>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】


日本のダム 小玉ダム



小玉ダムの概要
小玉ダムは、福島県いわき市小川町高萩に位置し、夏井川水系小玉川に建設された重力式コンクリートダムです。堤高は102メートル、堤頂長は280メートルで、総貯水容量は13,930,000立方メートルです。ダム湖は「こだま湖」と名付けられています。ダムの建設は1975年に開始され、1996年に完成しました。主な目的は洪水調節、不特定利水、上水道、工業用水道、発電です。

ダムの目的と機能
小玉ダムは、多目的ダムとして設計されており、洪水調節、上水道、工業用水道、発電を目的としています。小玉川第一発電所は最大2,800kWの発電を行い、既存の用水路の取水を安定させる役割も果たしています。また、いわき市向けに日量15,000立方メートルの上水道用水と好間工業団地向けに日量11,000立方メートルの工業用水を供給しています。

歴史と背景
小玉ダムの建設は、1973年と1978年の渇水や住宅地および工業団地の開発による上水道・工業用水道水への需要の高まり、洪水による水害対策として必要とされました。1975年に実施調査が開始され、1983年にダム建設が採択され、1987年にダム本体工事が開始されました。ダムは1996年に完成し、1997年に供用が開始されました。

周辺環境と施設
小玉ダム周辺には、いわき市立草野心平記念文学館やアスレチック遊具を配置したわんぱく遊びゾーン、炊事施設などを設けた野外活動ゾーンがあります。また、ダム湖中ほどには親水ゾーンがあり、観光やレジャー施設が整備されています。

まとめ
小玉ダムは、福島県いわき市の重要なインフラとして、洪水調節や水資源の安定供給に寄与しています。多目的ダムとしての機能を持ち、地域の発展と安全に大きく貢献しています。

>>ダム探訪のお供のお宿は【Trip.com】